こんにちは。芙蓉です。

私のカウンセリングが、結構真髄をバシバシ言ってしまうので、

「キツい」とも
「こわい」とも

言われたことがあります。

そもそもカウンセリングって、カウンセラーがバシバシ本当のことを言うって、どうなの?

「まずは傾聴でしょ。」
「自分で気付かせるから、意味があるんじゃないの?」

って、

その通り。

カウンセリングの王道とは、自分で自分のことを気付いて行くプロセスをカウンセラーが並走したり見守ることにあるのです。

だったら、私のしていることは、カウンセリングではない。

私がやっているのは、クライアントさんが話しているところを暫く聴いて、エネルギーの出方、凹凸を感じてその人の魂が、求めているもの感知する。

すると、「見えて来るもの」「降りて来るもの」があるので、それをなるべくわかりやすい言葉でお伝えするだけです。

核心を突きすぎているから「キツい」と感じるのか、本人が見ないようにいる領域だから「こわい」のか、わかりませんが、「キツい」「こわい」と感じてイヤな方は、他のカウンセラーさんのところにご相談に行くなり、どんどんされてください、と思っています。

ズバッと言われたくないのなら、私のところに来る意味はないんです。

私もカウンセラーを始めたばかりの頃は、自分のカウンセリングのやり方が、良くないのかと、世間一般のカウンセリング方法に合わせなきゃダメなのかな、と思っていた時期もありました。

でもすぐに、開き直りました(笑)

私は、ズバッと言う時に、一番良いエネルギーが出ていると、自分でハッキリとわかったからです。

カウンセリングのセオリー通りに、クライアントさんの話を傾聴して、ご本人ペースで気付いて行くのを、寄り添って…というのをしてくれるカウンセラーは、世の中にごまんと存在します。

私のところににいらっしゃるクライアントさんは、そういう世間一般のカウンセリングでは飽き足らなかった方。問題が解決しないと感じた方。

普通のやり方でやっても、全然うまくいかず、当たり前のことを言われても、何か、しっくりこない。

「何かが違う。間違っている!」と直感されて、いらっしゃる方ばかりなんです。

ズバッと言われた方が、気持ちいい。
言ってほしい、ということなので、誠実に、こちらも肚に覚悟を持って、本当のことをお伝えさせていただいております。

時に、その方が寄りすがっていた蔓草を、鎌を持って、ズバッとブッタ斬るようなことも言います。

「寄りすがっている限り、良い方向に行かないと、自分でもわかっているでしょう?」と。

こちらも、そのクライアントさんに大泣きされること、逆ギレされることも覚悟の上です。

大泣きされてもいいんです。
逆ギレされてもいいんです。
逆ギレして、吐き出した先に
やっと前に進める決心が、つくこともありますから。

オープンカウンセリングでそれをやると、他の参加者さんたちに

「私にも言ってください!」
「私には、何かありませんか?」
「私もブッタ斬ってください!」
と、前のめりで要求されることも多々あるんです。

ブッタ斬られたい人の、列…。

みんな、そんなに斬られたいですか?f^_^;

4月は
「ブッタ斬りオープンカウンセリング」を開催したいと思います。

✅ 長い期間、同じ問題でグルグルしている方。
✅ いつまでも諦められない方。
✅ 叶えたい夢や理想をいつまでも叶えられずにくすぶっている方。
✅ どうしたらいいのか、モヤモヤしている方。
✅ 夫がいつまで経っても変わってくれないことに悩んでいる方。
✅ ブッタ斬られることが今の自分に必要だと感じる方。

ちなみに、ブッタ斬った後に、そのまま放置はしませんのでご安心ください。

最後皆さんをヒーリングして、波動を整えてお帰しいたします^^

ブッタ斬りオープンカウンセリング 詳細

  • 日時
    4月17日(水)12時〜16時
  • 会費
    35,000円(会員・一般一律)
    お茶とお菓子が付きます
  • 場所
    東京吉祥寺「芙蓉サロン」

申込みはこちら

このイベントは終了しました。